김단아のCDが来たーーー!!

unnamed




손 한번 キム・ダナのソンハンボンっていう曲が

とにかく自分でも狂ってるのではないかと思うほど大好きになり、

おまけにこの曲の入ったアルバムはあのトロット界の大歌手パク・サンチョルが

プロデュースしたものであるということを知ってからというもの、

何としたってそのアルバムCDが欲しくてたまらなかったんですよ。

もちろんこれまでは音楽配信サイトで買ったMP3ファイルで楽しんでいたわけですし、

ま、正直それだって十分ではあるのですけども、

これだけ大好きになった歌手の作ったCDアルバム自体を

どうしても我が手にしたいというのがファンの気持じゃないかと思うのですよね。

と言うわけで、探しました。探しましたですよ、ずっと。

もちろんこのCDは2013年とちょい前の発売なので

どこにもなかなか売ってないだろうと予測していたとは言え、

ほんとうにどっこにも無いんですよねー。

韓国ではCDは発売時に作るだけでその分が全部売れて無くなると

即廃番あつかいとなるらしく、こうやって後年に手に入れるとすると

非常に難しい状況になるわけです。はい。


この韓国のCD販売のシステムはどうにかならないものですかね??

日本だとそのCDが廃番にならない限り

発売後かなり後になったって大物のアーティストの過去のCDって

まず間違いなく店頭で買えるじゃないですか?

それが韓国の場合だとどんなに有名なビッグアーティストでも

おそらくCDを発売した時にプレスしたものが売り切れてしまったら

再度同じものを生産しないんだろうなぁって思うのです。

これは非常に残念です。ものすごく残念です。

この曲いいなぁって思っていざそのCDを買いたいと思っても

それが発売したばかりの新曲でない限り

なかなか手に入らないということは非常に残念です。


まぁ、そこは日本よりもデジタル化が進んでいるらしい韓国のこと

もう音楽を手に入れるのにはネット配信で十分だとの判断なのでしょうね。

しかし、ね、ファンはやはりどうしてもCD自体を手にしたい!

目に見えるかたちでコレクションしたいわけですよ。



そんなわけで、このキムダナのCDもすっごく探していて、

韓国の中古ショップの通販とかオークションサイトとかで

欲しい昔のCDを検索するのが日課となっているのですけど、

先日ようやくようやくそこで出品されているのを見つけたわけです。

なんでも、説明文には「見本盤」って書いてあるので

これはひょっとしたら発売時からネット配信のみの販売方法で

ほんのわずかに業界向けのサンプル盤しか出なかったのかもしれませんね。

このスタイルの売り方はけっこう頻繁にあるみたいで

そうなるとその数少ないサンプル盤がオークションとかに出て来るのを

今か今かと待つしかないのです。



!cid_15c614560cecfa6312f1

ケース裏にはこのCDを所蔵していたところのシールなのかな?

そんな雰囲気のやつが貼ってあって「室長キム・ソンテ」って書いてある。

キム室長!このCDは海を渡っていま東京にありますよー!

めでたく我が家の家宝となりました。



広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中